【保存版】【カウンセリング理論・アプローチ編】キャリコン学科試験合格を目指す方はこれだけは覚えたい!


【必須知識】カウンセリング理論・カウンセリングアプローチ!学科試験合格のために確実に覚えたい!


こんにちは。キャリ男人事サロン代表のキャリ男です。


このブログは、第16回国家資格キャリアコンサルタント試験(2021年3月開催)を一発合格した筆者が、これからキャリコン試験を受験される方に向けて、キャリコン学科試験を合格するために抑えておいて欲しいカウンセリング理論をまとめた内容です。


ぜひ、キャリアコンサルタント国家試験合格に向けて、勉強用に使っていただければ幸いです!


理論をただ無作為に一覧として並べるのではなく、各理論の立ち位置や理論背景の繋がりがイメージしやすいようにまとめています。つまり、各理論家が提唱しているカウンセリング理論のもとになっているアプローチの繋がりも一緒に勉強することで、記憶に残りやすいと思います!


各理論と共にキーワードをまとめていますが、もっと知りたいという方は、各理論の書籍を参照されていただくことをお勧めします。


筆者の詳細プロフィールは「こちら」


関連する記事のリンクは下記から

 ・「キャリアコンサルティングの意義と役割」に関しての記事はこちら

 ・「国家資格キャリアコンサルタントの自己研鑽」に関しての記事はこちら

 ・「キャリアの定義」に関しての記事はこちら

◎感情的アプローチ:温かい人間関係


◾︎来談者中心カウンセリング/ロジャーズ

・受容(無条件の肯定的関心)

・共感的理解

・自己一致(純粋性)

パーソナリティの基本要素 ①自己概念 ②体験

クライエントの自己概念と経験が一致する方向へ援助。

クライエントが感情的に真に適応できれば、自動的に職業の問題も解決できる。

クライエントが前よりももっと自己一致し、自己体験により自分を開くようになり、防衛的になくなること。すなわち、自我の再構成。


◾︎フォーカシング/ジェンドリン

問題に反応している身体感覚(フェルトセンス)にフォーカスしてフェルトセンスからのッメッセージを受け取る「言葉にしがたい身体感覚」を傾聴。


◾︎実存的アプローチ/ロロメイ

クライエントの世界を知り、自分もその世界の中に存在しなければならないという考え方、アプローチ。


◾︎精神分析的アプローチ/フロイト

クライエントがどんな葛藤で悩んでいるか、何が職業的動機づけにつながるかが欠かせない、人間の欲求と職業の条件の動的マッチングに必要な情報が良い情報。


【カウンセリングスキル】

明確化、比較する、欲求や防衛機能の解釈など


◾︎ゲシュタルト療法/パールズ

「今、ここに生きる人間」、気づきと接触

ゲシュタルト=全体的な統一的なまとまり

「形にする」「全体性」「統合」


◾︎交流分析/バーン

自我状態では、個人の心の中に「親」「大人」「子ども」の3つの自我状態があるとし、「親」にはCPとNP、「大人」にはA、「子ども」にはFCとACの5つの機能があるとされる。

エゴグラム、ゲーム分析、人生脚本

◎認知的アプローチ(思考回路のチェック):決定


◾︎論理療法/エリス

人は起こった出来事や体験によって惑乱するのではなく、その受け止め方によって惑乱する、ABC(DE)理論。

不快な感情は、非論理的信念(イラショナル・ビリーフ=思い込み)によって生じる。


【非論理的信念の修正法】

・反論説得法:何事も完全にやり遂げなければならない理由は何か

・新しい哲学への置き換え:完璧な解決は、そうあるものではない

・記録用紙の使用:イラショナルビリーフを言葉に出して書き出してみるなど

→教育・産業などの場面で広く使用

哲学:「人生を生きることは大変だが、それでも何とか工夫して楽しく生きる」


◾︎認知療法/ベック

人間の病理的(精神的)行動は、誤って学習した考え方、イメージ、記憶に基づいている

、自動思考、スキーマ(〜べき)、認知の歪み


◾︎現実療法(リアリティセラピー)/グラッサー

「現実に直面させ、無責任を退け、価値判断に基づき、より良い行動を考えて実行する」

現在の満たされていない重要な人間関係に焦点をあて、問題解決を試みる手法。

非行少年少女のカウンセリング法として開発。のちに「コントロール理論」「選択理論」と改名。

◎解決志向アプローチ


◾︎ソリューショントーク

いい所を見つけて、上手くいっていることを話す。問題になっている原因、改善点を追求しない。支えられている背景は?気づかれていないリソース(長所・取り組み)がある。解決に焦点をあてるアプローチ。


◎システマティックアプローチ


職業相談、進路相談、雇用相談、キャリア相談などで使われるアプローチ。

ラポール

②問題の把握

③目標設定

④方策の実行

⑤結果の評価

⑥終了


◾︎ピービィー

ソシオダイナミック、カウンセリング、対話的な傾聴。


◾︎ヘルピング技法/カーカフ

①事前段階(かかわり技法)

②応答技法

③意識化技法

④手ほどき技法


◾︎マイクロカウンセリング/アイビー

カウンセリングの共通パターン「マイクロ技法の階層表」

①かかわり行動

②かかわり技法(傾聴)

③積極技法(指示・論理的帰結・解釈・自己開示・情報の提供・説明のフィードバック・説明・教示など)

⑤技法の統合


◾︎コーヒーカップモデル/國分康孝

①リレーションづくり

②問題の把握

③適切な対応

構成的グループ・エンカウンターの創始者

◎行動的アプローチ:学習方策


不適切な反応を引き起こしている「状況」を明らかにしていく、職業選択における不安が主なテーマ。

①不安・不適応行動の除去、軽減

②意思決定スキルの習得

③問題を予防する行動変容


◾︎系統的脱感作(行動療法)/ウォルピ

十分にリラックスしていると、恐怖や不安が起こりにくい。


◾︎主張訓練(アサーション